TOP > 国際成道会

国際成道会


平成 26 年 12 月 8 日 念佛宗総本山「佛教之王堂」

お釈迦様が 悟りを開かれし成道の日に
釈尊の志を継承した 全世界 41 ヶ国の
仏教最高指導者が 聖地「佛教之王堂」に集う



平成 26 年 12 月 8 日、釈尊の成道を寿ぐかのように澄み渡る青空より
暖かな陽射しが注ぎ、寒さが次第に厳しくなる大雪の節にしては穏やかな気候の中、
世界 41 ヶ国の仏教最高指導者を始め、駐日特命全権大使閣下も加わった
壮麗なお練りが、色とりどりの天蓋と、空に舞う散華に彩られ、参道を歩みました。

お練り



山門をくぐり 本堂へと進むお練り



雲一つなく冴えわたる青空の下 山の端より昇り来った 朝日に照らされ
参道は 白く輝き 僧衣は ひと際印象深く お練りの舞台をいっそう際立たせました



吸い込まれんばかりの空の青 そよ吹く風に念仏がこだまし
雅やかな列をなす 仏教最高指導者



大階段を登り 御仏の在す本堂へと向かう



真一文字に敷かれた赤絨毯の上を
真っ直ぐに歩みゆく お練り



凛と張りつめた 冬の境内
山門から本堂へとつながる お練りの列



陽光を受け きらめく散華の花々が風に踊る



粛々と歩を進め 一歩一歩 本堂へと進む



錦繍をまとう 八葉の山々に囲まれた
仏教の聖地 全世界五億一千万人の仏教徒の心の依処たる 念佛宗総本山「佛教之王堂」にて
繰り広げられる国際成道会



ウガンダ コーキ王国 国王陛下 首相閣下を始めとする
世界各国の王室・国家指導者の方々が 本堂の広縁に立たれ お練りの到着を待つ

国際成道会 大法要



本堂 宮殿前には 荘厳なる祭壇が整えられる



佛教サミット創立メンバーをお祀りする塔婆
佛教サミット名誉総裁 念佛宗名誉総裁「世界佛教 最高の父」であられた
カンボジア王国 故ノロドム・シアヌーク陛下を追善供養する塔婆



佛教サミット創立メンバーをお祀りする塔婆
佛教サミット最高顧問「世界佛教 最高の法王」であられた
タイ王国 故ソムデット・プラ・ニャナサンバラ法王猊下を追善供養する塔婆



三点鐘がこだまし 大法要が開式
堂内は 静粛なる空気に包まれる



導師・式衆 参列者による 念仏が堂内にこだまする



表白を高らかに読み上げられる 導師 郡真海法主



宗派の垣根を越えて 祈りを捧げる 世界41 ヶ国の仏教最高指導者



一心に傾聴する 世界各国の来賓の方々



41 ヶ国の佛教最高指導者より 御花が献じられる
〔御参列の王室・国家指導者・駐日大使閣下 全員が 御花を献じられた〕



ウガンダ コーキ王国  アポロ・サンサ・カブムブリ 2 世国王陛下



ネパール 副首相 プラカシュ・マン・シン閣下



ブータン王国 王女 アシ・デチェン・ワンチュク殿下



国連人権理事会コミッショナー ドゥドゥ・ディエン閣下



カンボジア王国 宗教大臣 ミン・キン閣下



ミャンマー 宗教大臣 ウ・ソー・ウィン閣下



誦 経 
宗派の垣根を越えて 共に 釈尊への感謝の祈りを捧げる釈尊の願いのもとに 一つになる
上座部仏教代表
カンボジア王国 テプ・フォン法王猊下 ボア・クリ法王猊下による誦経



チベット密教代表
モンゴル ハンバラマ・D・チョイジャムツ法王猊下による誦経



国際成道会大法要にて 執り行われた
タイ法王 故ソムデット・プラ・ニャナサンバラ法王猊下の
追善供養に対し タイ王国 ソムデット・プラ・ワンナラット大僧正猊下より
心からの謝辞が 述べられました



国際成道会大法要 実行委員長 念佛宗理事長 菱村和彦氏より
世界 41 ヶ国の仏教最高指導者 王室・国家指導者 駐日特命全権大使閣下に対し
心からの謝辞が述べられました



第六回佛教サミット 国際成道会を記念して